• powered by Google Translate
    文字サイズ
    背景色
くらし・手続き

みたけ草刈りサポーターを募集します

 皆さんが利用またはお住まいになっている近所の道路、公園、運動場、広場、河川などの公共の場所において、草刈りや清掃などの日常管理が行き届いていないとのご意見が令和5年度に実施した車座懇談会で多数寄せられました。
 御嵩町ではこれまで、町道や河川(農業用施設を除く)の草刈りなどの環境保全活動を実施していただけるボランティア団体を「みたけロードサポーター」と認定し、活動の支援をおこなってきました。
 今回この取り組みに加え新たに町が提示、草刈りをお願いしたい公共の場所の草刈りをボランティアでおこなっていただける団体や個人を「みたけ草刈りサポーター」と認定し、その活動支援をする取り組みを試行的に開始します。
 多くの方のご参加をお待ちしております。

草刈りをお願いしたい公共の場所

町が草刈りをお願いしたい公共の場所とは、町有地のうち、町の施設が建っている敷地、その他町が管理している土地などをいいます。

草刈りをお願いしたい公共の場所(令和6年4月1日現在)

みたけ草刈りサポーターの種類

種類 認定要件 支援対象活動 支援金額
団体サポーター 2人以上(内、1人以上の成人を含む)で構成する団体 ・町が指定する公共の場所の草刈り
・1回あたり300㎡以上の草刈りを同一箇所★で同一年度に3回以上行うもの
草刈り面積に応じて3~7万円
個人サポーター 1人の成人 町が指定する公共の場所の1回あたり30分以上の草刈り ・草刈り時間30分につき1ポイント付与。
・1ポイント=200円とし、上限1万円。

★2箇所の合計が300㎡以上を含みます。
※草刈りサポーターは、ロードサポーターの活動場所以外で環境保全活動をおこなうボランティア団体または個人を認定するものです。草刈りサポーターとロードサポーターは兼任することができます。

手続きの流れ

①認定申請

まずは「草刈りをお願いしたい公共の場所」一覧から草刈りをしていただける場所を決定してください。
スマートフォンなどにより、サポーター登録の電子申請をしてください。団体サポーターは活動内容(年3回以上の活動予定日時)および団体構成員名簿の入力をお願いします。

②サポーター認定など

審査の上サポーターとして認定し、認定書を交付します。
あわせて活動報告をしていただくためのQRコードまたは活動報告書を送付します。

③活動報告の撮影

活動場所ごとの実施前・実施後の写真を撮影してください。
団体サポーターの場合は、活動中の写真も撮影が必要です。

④活動報告

活動実施日ごとに活動写真を添付し、スマートフォンなどにより電子報告をしてください。

⑤支援金交付など

活動報告を取りまとめ、年度末までに支援金を振り込みます。
個人サポーターは、ポイント集計後に支援金に換算して振り込みます。また、累計ポイント数の上位者に商品を贈呈します。

※「①認定申請」および「④活動報告」は、紙面で住民環境課または3地区出張所に提出することもできます。

※団体サポーターは、活動にあたっての賠償責任や損害保険の加入は各団体でおこなっていただく必要があります。

※個人サポーターは、活動にあたっての賠償責任は個人でおこなっていただく必要がありますが、損害保険への加入は町がおこないます。

※「草刈りをお願いしたい公共の場所一覧」以外の場所の草刈りをしていて、
①公共の場所の草刈りをしている方
②草刈りをしている場所が公共の場かどうかわからない方
は、住民環境課環境整備係(内線2106)までお問い合わせください。

詳しくは住民環境課環境整備係(内線2106)までお問い合わせください。

関連情報
このページの
担当部署

住民環境課
電話 0574-67-2111

ご意見・お問い合わせ

矢印 矢印(四角) 注意情報 くらし・町政 観光・イベント 事業者向け ご意見 設定 検索 もしものときには お知らせ オンラインサービス 町アイコン タグアイコン
AIスタッフ相談窓口 皆様の質問にお答えします!