• powered by Google Translate
    文字サイズ
    背景色
子育て・教育

妊娠中の健康診査について

定期的に健康診査を受けましょう

妊娠中は、特に異常がなくても定期的に医療機関で健康診査を受けましょう。
母子健康手帳の交付と一緒に、妊婦健康診査受診票、妊婦歯科健康診査受診票をお渡しします。
詳しくは母子健康手帳を交付する際にご説明します。

①妊婦健康診査

受診票を御嵩町と委託契約した医療機関(岐阜県内)へ提出すると、指定する検査項目についての費用が公費で負担されます。公費負担回数は14回です。

  • 里帰りなどの理由で、途中から県外の医療機関に変更される場合は、受診票の変更手続きが必要となります。残っている受診票を持って福祉課保健センターへお越しください。
  • 妊娠途中で御嵩町に転入された場合は、前市町村で発行された受診票の残りを持参して、福祉課保健センターへお越しください。
  • 御嵩町外に転出された場合は、残っている受診票を持参して、転出先の市町村で交換手続きを行ってください。

②妊婦歯科健康診査

妊娠中は食生活が不規則になりやすく、つわりやホルモンバランスの変化により、むし歯や歯周病が進行しやすくなります。

また、赤ちゃんの乳歯は妊娠7週目頃からでき始めてきます。母親や胎児の健康状態は、生まれてくる赤ちゃんの歯の健康に大きくかかわってきます。妊婦の時期を健康な歯で過ごしていただくため、ぜひ妊婦歯科健康診査を受けましょう。

指定歯科医療機関にて自己負担金500円で受けていただけます。

関連情報
このページの
担当部署

福祉課
電話 0574-67-2111

ご意見・お問い合わせ

矢印 矢印(四角) 注意情報 くらし・町政 観光・イベント 事業者向け ご意見 設定 検索 もしものときには お知らせ オンラインサービス 町アイコン タグアイコン